ニュージーランド地震:救出活動続く-少なくとも75人死亡

22日に発生した地震で少なくとも 75人の死者が出たニュージーランド(NZ)南島のクライストチャー チでは、23日もオフィスビルなどの倒壊によってがれきの下に閉じ込 められた市民らの救出活動が続いており、死者数はさらに増加する恐 れがある。クライストチャーチはNZ2位の都市。

キー首相は23日、死者のうち55人の名前が確認され、20人の身 元確認作業が行われていることを明らかにした。救急隊員らは、前日 のマグニチュード(M)6.3の地震で倒壊した建物のがれきを掘り起 こすなどの作業を進めている。地震による死者数は同国としては過去 80年で最悪となった。クライストチャーチのパーカー市長によると、 約300人が行方不明。

キー首相はこの日、クライストチャーチに向かう前にウェリント ンで、「きょう、NZの全国民がクライストチャーチの犠牲者を 悼んでいる」と述べ、「多くの人々が命を失った。家族は愛する人たち を失い、また仲間を失った者もいる」と語った。

防災省によると、同国はクライストチャーチ地域外からの支援を 調整するため緊急事態を宣言した。

テレビ報道によると、救急隊員らは市の建物数棟から被災者の救 出に成功した。警察当局のラッセル・ギブソン氏がテレビジョンNZ に語ったところによると、救急隊員はがれきの下に閉じ込められてい る数人の生存を確認している。

1931年以来最悪

救出活動に当たっているスティーブ・バークレー氏はテレビジョ ンNZに対し、「依然として音が聞こえるので、人が閉じ込められて いるのは確かだ」とした上で、「これは非常に骨の折れる仕事だ。音が 聞こえるからといって、すぐ近くにいるとは限らないからだ」と語っ た。

今回の死者数は、同国の地震としては256人の犠牲者を出した 1931年の地震以降で最悪となった。

キー首相は22日、北島にある首都ウェリントンから急きょ被災地 を訪れ、テレビ・ニュージーランドとのインタビューで「われわれは NZで最も暗い一日を目の当たりにしているのかもしれない。徹底的 な破壊の光景だ」と述べた。

ジオネット(geonet.org.nz)によると、昨年9月の地震と比べる と、今回の震源はクライストチャーチの南東わずか10キロメートルで 震源も浅かったため、建物により大きな被害が出た。

富山の専門学校生を新たに1人救出

NHKは日本時間午前8時すぎ、富山外国語専門学校の学生1人 が新たに救出されたと速報した。NHKは同午前5時半ごろの段階で、 連絡が取れていない日本人は24人に上ると伝え、うち富山外国語専門 学校学生は11人と連絡が取れず、1人が壊れた建物の中に取り残され ていると報じていた。

またNHKによると、東京都千代田区の留学あっせん会社「ワー ルドアベニュー」を通じて留学している生徒のうち10人、京都市の留 学あっせん会社「M.I.海外留学」を通じて留学中の2人、京都市 の京都外国語専門学校に去年秋まで在籍した後長期留学している23 歳の女性と連絡が取れてないという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE