リビア反体制勢力が拡大、政権崩壊近いとの声-各国は国外退避急ぐ

各国政府は自国民のリビアから の退避を急いでいる。同国では軍の一部が離反し、カダフィ大佐の元 側近は数日以内に政権崩壊につながる可能性があると警告した。

米政府は23日、フェリーをチャーターし、リビアの首都トリポ リからマルタに米国民を避難させる予定。トルコは約5000人の国外 退避を急いでいる。キャメロン英首相は英国民のリビアからの退避が 外務省の最優先事項であるとし、支援のため海軍の艦船1隻をリビア 近海に派遣した。

カダフィ大佐は22日夜、反体制勢力と「最後の血の一滴」まで 戦うと言明した。AP通信はトリポリでは23日も激しい銃撃戦が展 開されており、通りには人影がないと伝えている。カダフィ大佐の元 儀典長、ヌリ・アルミスマリ氏によると、東部の港湾都市ベンガジと トブルクでは軍の一部部隊が離反し、反カダフィ派が両都市を制圧し ている。

人権擁護団体ヒューマン・ライツ・ウォッチによると、カダフ ィ大佐支持派によるデモ隊への攻撃で300人近くがこれまでに死亡。 アフリカ最大の原油埋蔵量を有するリビアの政情不安を背景に、原油 価格は2年半ぶりの高値に上昇した。

国連はリビアの武力行使を非難。クリントン米国務長官はオバマ 政権がリビア情勢を「重大な懸念」を持って注視しているとし、「適 切な措置」を取ると述べたが、具体的な内容には言及しなかった。サ ルコジ仏大統領はリビアに対して欧州連合(EU)は制裁を検討すべ きだと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE