米国株:続落、原油100ドルで先行き不安-HPは業績予想で下落

米株式相場は続落。前日と合 わせた主要株価指数の下げ幅は過去6カ月で最大だった。緊迫する 中東情勢を背景に原油相場がバレル当たり100ドルに上昇したほか、 コンピューターのヒューレット・パッカード(HP)の業績予想が アナリスト見通しを下回ったのが嫌気された。

HPは9.6%安。自動車のフォード・モーターも安い。同社 はピックアップトラック14万4000台のリコールを発表した。ま た米最高裁判所の判断により、今後自動車メーカーがシートベルト の設計をめぐり新たな訴訟に直面する可能性があることも嫌気され た。米住宅関連用品小売り2位のローズは、利益見通しがアナリス ト予想に及ばず、売りを誘った。石油のシェブロンは上昇。原油先 物相場はリビア情勢の緊迫化を背景に2年4カ月ぶり高値に上げた。

S&P500種株価指数は前日比0.6%安の1307.40。前日 からの2日間で2.7%値下がりした。ダウ工業株30種平均は

107.01ドル(0.9%)下げて12105.78ドル。

ホラド(ニューヨーク)の会長として40億ドル余りの資産運 用に携わるマイケル・ホランド氏は、「市場参加者は常に先を見極 めようとしている。だから原油価格の上昇に対してはネガティブに 反応した」と述べ、「原油価格の上昇は景気見通しにも影響を及ぼ すだろう。企業利益が予想以上に良好で、明るい経済統計が発表さ れていても、こうした材料はバックミラーでちょっと目をやる程度 の関心しかない」と続けた。

原油100ドル台

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物は、2年ぶ りに100ドルをつけた。リビアでの暴動で原油輸出に障害が出る恐 れがあるとの懸念が広がっている。

ガイトナー米財務長官は、中東の混乱で石油価格が高騰してい るものの、景気回復で世界の対応能力は増しているとの認識を示し た。

同長官は23日、ブルームバーグ主催のイベントで、「経済は 石油高騰への能力が格段に増している」と指摘。「各国中銀はこれ らに対処する上で多くの経験を積んだ」と述べた。

HPは9.6%下げた。同社は22日、2011年2-4月(第2 四半期)の一部コストを除く1株当たり利益予想が上限で1.21ド ルと発表。売上高は最大で316億ドルとの見通しを明らかにした。 アナリスト予想平均では、1株当たり利益が1.26ドル、売上高が 326億ドルとなっている。

フォード、シェブロン

S&P500種に採用される自動車株価指数は2.7%安。産業 別24指数の中で値下がり率最大だった。

フォードは2.4%安。同社は米国とカナダでピックアップト ラック「F150」14万4000台をリコールすると発表した。フ ロントエアバッグが必要でない時に作動する恐れがあるという。

ローズは1%安。同社の2-4月(第1四半期)の1株当たり 利益予想は、一部項目を除くベースで下限が34セント。ブルーム バーグがまとめた予想では38セントだった。

S&P500種の業種別10指数のうち、エネルギー株が2% 上昇し、唯一の上げを記録した。シェブロンは1.9%上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE