メルケル独首相:対リビア制裁を警告、反政府勢力の武力弾圧続けば

ドイツのメルケル首相は、リビアの 最高指導者カダフィ大佐に対し、反政府デモへの武力弾圧をやめない限 り、制裁を科すことも辞さないと警告した。メルケル首相はベルリンで 記者団に対し、カダフィ大佐が自国民との内戦になると発言したことに ついて、「憂慮すべきことだ」とした上で、「暴力をやめなければ、制 裁の検討を含めて、ドイツがリビアに圧力と影響力を行使できるあらゆ る手段を求めることになるだろう」と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE