中国の賃金上昇、小売業者と債券投資家を圧迫へ-インフレ加速で

【Bloomberg News】

2月23日(ブルームバーグ):この20年、世界のインフレ抑制に 最も貢献してきた中国が、小売業者の収益率と債券需要を圧迫しかね ない賃金上昇を受け入れつつある。

中国の温家宝首相が3月5日に召集する全国人民代表大会(全人 代)は、内需の役割拡大に向けた5カ年計画を承認する。その戦略の 一環として賃金上昇を支持する見込みで、31の1級行政区すべてで 2011年に最低賃金が2年連続で引き上げられる公算が大きいと、ク レディ・スイス・グループは指摘する。

クレディ・スイスで日本を除くアジアを担当するチーフエコノミ スト、陶冬氏(香港在勤)は「後に歴史家が2010年を振り返って総 括する場合、世界的な製造業モデルとその後10年間のインフレ見通 しの見直しを迫ることになる賃金の大幅な上昇が、大きなニュースだ ったということになるだろう」と指摘した。

英小売り2位のネクストは先月、中国の労働コスト上昇が、今年 第1四半期と第2四半期の8%値上げの要因になると説明した。小売 業最大手の米ウォルマート・ストアーズに製品を納入する香港の商社 リー・アンド・フォン(利豊)は、労働者の賃金増加に伴い、中国か ら輸出される製品の価格が今年、最大15%上昇すると予想している。

ジェフリーズの株式アナリスト、ランダル・コニク氏(ニューヨ ーク在勤)は賃金上昇による「圧力は弱まる方向にはなく」、むしろ 悪化しつつあると指摘。高級皮革製品で米最大手のコーチや婦人物衣 料小売りのチコズFASについて、中国の製造業に依存する割合が高 いとみている。

一方、スタンダードチャータード銀行のエコノミスト、リ・ウェ イ氏(上海在勤)は、中国が「年9-10%のペースで成長を続けれ ば」、世界の物価を押し上げ、債券利回りに上昇圧力を与える「賃金 上昇スパイラルが起きる」と予想している。

--Sophie Leung, Simon Kennedy. With assistance from Cotton Timberlake in Washington; Chris Burritt in Greensboro, NorthCarolina; Ilan Kolet in Ottawa; Anthony Feld in New York;AkiIto in Tokyo and Holger Elfes in Dusseldorf,

Germany. Editors: Chris Anstey, Melinda Grenier

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Sophie Leung in Hong Kong at +852-2977-6126 or sleung59@bloomberg.net Simon Kennedy in London at +44-20-7330-3086 or skennedy4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey in Tokyo at +81-3-3201-7553 canstey@bloomberg.net Craig Stirling at +44-20-7673-2841 or cstirling1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE