米国務長官:リビア情勢を注視、重大な懸念-米国は適切な措置取る

クリントン米国務長官は22日、オバ マ政権がリビア情勢を「重大な懸念」を持って注視していると言明し、 リビアに対して「暴力行為の終結」を求めた。同長官は米国が「適切な 措置」を取ると述べたが、具体的な内容には言及しなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE