NY銅:3カ月ぶりの大幅下落-石油価格高騰で成長減速懸念

22日のニューヨーク銅先物相場は3 カ月ぶりの大幅下落。石油価格の大幅上昇で経済成長が鈍化し、銅需要 が抑制されるとの懸念から値を下げた。

MFグローバル・ホールディングスのアナリスト、エドワード・メ イア氏は「この日金属が売られたのは主に、石油高騰が一段のインフレ 加速と金利上昇につながるのは避けられず、その結果今後成長が鈍化す るとの懸念からだ」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 5月限の終値は前営業日比13.3セント(3%)安の1ポンド=4.363ド ル。中心限月として昨年11月16日以来の急落となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE