エラリアン氏:アラブ情勢、短期的なスタフグレーションもたらす恐れ

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)のモハメド・エラリアン最高経営責 任者(CEO)は、中東や北アフリカの情勢が短期的に世界経済に 「スタグフレーション」をもたらし得るとの見方を示した。石油など 商品相場の値上がりに加え、反政府運動が発生した国々からの需要が 減少することを理由に挙げた。

エラリアンCEOは英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)に掲 載された論評で、「だが、時が経つにつれてこのような市場の懸念は 薄れる公算が大きい。世界の主要部分で長期的な安定が高まることの 影響が実感されるためだ」と述べ、「結局のところ、長期的には民主 主義と個人の自由こそ、繁栄への最良の原動力だ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE