ECBウェリンク氏:金利はいずれ経済をゆがめる可能性も-WSJ

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、オランダ中銀のウェリンク総裁は現行金利について、「い ずれは経済と金融のプロセスにひずみを生じさせ始める」と予想され、 「それ自体、いずれかの時点で政策金利を引き上げるべき十分な根拠 だ」と述べた。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)がウェ ブサイトで22日、同氏のインタビューとして報じた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE