香港ノースウエスト:アジア株ヘッジファンドで2.5億ドル調達へ

英ヘッジファンド会社RAB キャピタルから2009年に売却された香港のノースウエスト・イン ベストメント・マネジメントは、アジアに重点を置いて運用する 株式ヘッジファンドで1年に2億2500万ドル(約208億円)を調 達する計画だ。ジョージ・フィリップス最高経営責任者(CEO) が明らかにした。

フィリップスCEOは21日のインタビューで、マーケット・ ニュートラル型の運用戦略を取るノースウエスト・エクイティ ー・アルファ・ファンドが4月前半に運用を開始する予定だと述 べ、全体的な市場の方向性には賭けないと説明した。ノースウエ ストの幹部6人が設定当初に一定額を拠出するという。

ノースウエストは1998年にフィリップスCEOとデービッ ド・ロジャーズ氏が共同で創業した会社で、7億5000万ドルを運 用している。フィリップスCEOによると、同社は広範な市場や 競合ファンドとはパフォーマンスが連動しない株式ヘッジファン ドを求める機関投資家の需要を引き出している。

ノースウエストのビジネス開発責任者、マーク・スミス氏に よると、同社は10年に資産を37%拡大した。年金基金や寄付基金 は世界的な金融危機をきっかけに、ヘッジファンド投資を少数の 定評ある大手運用会社に集中させており、ノースウエストの資産 の約75%はこうした機関からの投資資金だという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE