ムーディーズ:3メガバンク系の格付け見通しをネガティブに変更

米格付け会社ムーディーズは22日、 日本政府の債務格付けの見通しが安定的からネガティブ(弱含み)に変 更されたのを受け、日本の3メガバンク系発行体の長期格付けの格付け 見通しを安定的からネガティブに変更したと発表した。

対象は三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の大手銀行 や、その傘下の日興コーディアル証券など19社。ムーディーズは、金 融システムを支援する立場の政府の債務が格下げされれば、固有の信用 力に大きな改善がみられない限り、引き下げられる可能性があるなど指 摘した。

全国銀行協会の奥正之会長(三井住友銀行頭取)は22日の定例会 見で、「国債をネガティブにしたから銀行もというのは理解に苦しむ」 と批判。その上で「相当なことが起きても日本の銀行はシステミックリ スクを起こすような状況にはないと思う。何か格別なことがあるという のか」などと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE