欧州で資産担保証券の格下げが加速、昨年10~12月期-S&P

米格付け会社スタンダード・ア ンド・プアーズ(S&P)は、欧州で昨年10-12月(第4四半期) に資産担保証券(ABS)の格下げが加速したと明らかにした。域内 の財政赤字危機や景気回復の不確実性を理由に挙げている。

S&Pの投資家向けリポートによると、第4四半期は格下げが 計388件、格上げが141件だった。前期はそれぞれ352件、157 件。

S&Pのアナリスト、アーノード・チェッコニ氏(ロンドン在 勤)はリポートで、欧州の証券化商品の主なファンダメンタルズ(基 礎的諸条件)として、「景気回復の強さと持続性が不確実な状況が続 いたことと、ソブリン債の信用度に対する新たなショック」を挙げた。

同社によると、第4四半期は債務担保証券(CDO)を含む仕 組み信用商品の格下げが全体の54%を占めたという。

-- Editors: Michael Shanahan

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Aiya Shirotsuka 記事に関する記者への問い合わせ先: Esteban Duarte in Madrid at +34-91-700-9606 or eduarterubia@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Armstrong at +44-20-7330-7185 or parmstrong10@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE