中国の国有企業14社、昨年不動産市場から撤退-国有資産監督管理委

中国政府は不動産が中核事業でない 国有企業に不動産業から手を引くよう命じたが、これを受けて昨年は14 社が不動産市場から撤退した。国有資産監督管理委員会の副主任が22 日、北京でのブリーフィングで明らかにした。今年はさらに20社余りが 撤退する見通しという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE