英ロイズ:10年に引当金5億ポンド計上へ-ハリファクス関連で

英住宅金融最大手のロイズ・バ ンキング・グループは、同行の住宅金融部門ハリファクスが実施した ローンについて条件説明が不十分だったとし顧客への支払いに回す費 用として、5億ポンド(約670億円)相当の引当金を計上する。

ロイズは21日、英金融サービス機構(FSA)との間で合意に 達したことを受け、この引当金を2010年の決算で計上すると発表。 FSAとの合意は、条件を説明する書類に顧客に誤解を与える恐れの ある記述があったとされるハリファクスが04-07年に実施した住宅 ローンに関連したものだと説明している。

ブルームバーグがまとめたアナリスト22人の予想中央値による と、ロイズの10年の税引き前利益は19億ポンドとなる見通し。決 算発表は25日に予定されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE