アップルの新型「iPad」出荷、6月に遅れる可能性-元大証券

米アップルのタブレット型コンピ ューター「iPad(アイパッド)」の新機種の出荷が4月から6月に 遅れる可能性があるとの見通しを台湾の元大証券が示した。同製品を 受託生産する台湾の鴻海精密工業での「生産障害」を理由に挙げてい る。

元大証券のアナリスト、ビンセント・チェン、アリソン・チェン 両氏が発表したリポートによれば、春節(旧正月)入りを前にアップ ルがデザインの変更を行ったことで、鴻海精密の生産に遅れが生じた という。このリポートに関してアップルの広報担当、ジル・タン氏(香 港在勤)はコメントを控えた。鴻海精密の広報担当、丁祁安氏の台湾 と中国の携帯電話に連絡を試みたが、応答はなかった。

リポートは「新機種の生産で新たな問題に直面しており、解決に 時間がかかっていることを当社の調査は示している」と指摘。「4、5 両月に多数のアンドロイド3.0搭載のタブレット端末の発売が予定さ れる中、新型iPadの出荷遅延はアンドロイド陣営に絶好のチャン スを与えかねない」という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE