東芝機株反発、成形機と油圧機器好調で収益期待-野村は強気維持

東芝機械株が一時、前日比3.1% 高の506円と反発。成形機と建設機械向けの油圧機器の需要が好調で、 今期(2011年3月期)業績は会社計画を上回りそうなどとし、一部ア ナリストが強気の投資スタンスを継続したことを受けた。

野村証券金融経済研究所の葛文杰アナリストは、足元の好調な需 要や、受注残の増加を踏まえ、同証による東芝機の業績予想を上方修 正した。今期の連結営業利益は36億円(会社予想32億円、前期18 億1500万円の赤字)を予想。また、来期(12年3月期)については、 成形機部門の中でも収益性が高い押出成形機の需要増加が見込めると し、今期予想比92%増の69億円に引き上げた。

利益水準の拡大予想を背景に、野村証では21日付で、東芝機の投 資判断「1(買い)」を継続すると同時に、目標株価をこれまでの470 円から670円に引き上げた。目標株価については、算定基準を従来の 利益回復期(02年3月-02年9月)のPBR1.0-1.5倍(平均値1.2 倍) から、利益が急拡大する時期(03 年3月-04年3月)のPBR1.0 -2.0倍(同1.5倍)へ変更している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE