ベネズエラ外務省:リビア情勢の平和的解決望む-外相会談後に声明

ベネズエラ外務省は21日、リビア 国内での流血の事態について、「平和的解決」を望むとの声明を発表し た。両国外相はこれに先立ち電話会談した。

声明は、ベネズエラのマドゥロ外相が同会談でリビアのクーサ対 外連絡・国際協力書記(外相)から、リビアのカダフィ大佐が国内に とどまっていると聞いており、英国のヘイグ外相の「無責任なコメン ト」と食い違っているとしている。独DPA通信によるとヘイグ外相 は、カダフィ大佐がベネズエラに向かっている可能性があると語って いた。

マドゥロ外相は声明で、「リビア国民が主権を行使し、困難の平和 的解決策を見つけ、最近影響を受けた地域に利益を見いだした帝国主 義の干渉を排除して国民と国家の統合を保持することを望むと表明」 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE