団体交渉権めぐるウィスコンシン州公務員のデモ、全米に拡大へ-労組

米国で共和党出身の州知事らが団 体交渉権に関する規則変更を目指す中、ウィスコンシン州や他の州で の公務員の抗議行動は拡大する見通しだ。労働組合のスポークスマン が明らかにした。

米労働総同盟産別会議(AFL・CIO)のエディ・ベール氏は 21日、ウィスコンシン州の州都マディソンで「共和党が各州で闘いを 仕掛けることで、同様の大規模な抗議行動が起きている」とし、「抗議 行動は全国的なものになるまで、州から州へと広がり続けるだろう」 と述べた。

州政府の来年度の財政赤字は計1250億ドル(約10兆4000億円) に達するもようで、ウィスコンシンやオハイオ、ニュージャージー州 などの共和党知事は団体交渉権や医療保険・年金への労働者側の拠出 に関する規則を見直そうとしている。ウィスコンシン州のウォーカー 知事が提出した法案に対するデモは、マディソンで数日間展開されて いる。

オバマ大統領は先週、同州ミルウォーキーのテレビ局のインタビ ューで、この法案は労組への「攻撃」だと批判した。一方、米紙ワシ ントン・ポストは民主党関係者の話を引用し、同大統領の支援団体「オ ーガナイジング・フォー・アメリカ」がソーシャル・ネットワーキン グ・サービスなどを通じて抗議行動を組織するのを手助けしていると 伝えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE