日本株は急反落、リビア情勢悪化でリスク回避-輸出や金融売り

東京株式相場は急反落。リビアな どでの政治情勢悪化や原油価格の高騰で投資家のリスク回避姿勢が強ま り、電機など輸出関連株や時価総額上位銘柄を中心に幅広く売られた。 東証1部の業種別下落率上位には証券やその他金融など、直近上昇が目 立っていた金融株が並んだ。

TOPIXの終値は前日比17.93ポイント(1.8%)安の956.70、 日経平均株価は192円83銭(1.8%)安の1万664円70銭。

東海東京投資顧問の宮島孝典運用第1部長は、「日本株は2月に入 ってからほとんど調整せずに上がってきた」と振り返りながら、「中東 や中国の政治情勢と原油価格を気にしながら、3月にかけて相場は小休 止になりそう」との見方を示した。

東京株式市場は前日に、中東・北アフリカ情勢の悪化をいったんは 織り込んだものの、原油価格に影響が及んだことで景気やリスクマネー 収縮への懸念から、この日は下げ幅が大きくなった。シカゴ24時間電 子取引システム(GLOBEX)の米S&P500種指数先物は、基準価 格比1%超安と軟調に推移。21日は休場だった米国株の休み明け後の 動きが不安視された。一方、下値を買う動きも散見され、日経平均先物 の売買高は10万枚超に膨らんだ。

中東・北アフリカ地域での反政府デモの動きは、アフリカ大陸で最 大の原油埋蔵量を持つリビアなどでさらに激化。中東情勢緊迫化による 原油供給不安を受け、ロンドン市場の北海ブレント原油は約2年ぶりの 高値を付けた。また東京時間には、ニューヨーク原油先物4月限が時間 外取引で一時前営業日比9.8%高の1バレル=98.48ドルを付けた。

トヨタアセットマネジメント投資戦略部の浜崎優シニアストラテジ ストによると、「原油の上がり方が近年にない急激な勢いだったため、 マーケットにとってはネガティブサプライズ以外の何物でもない」とい う。日本は原油輸入国であり、影響が大きいと同氏は強調していた。

金融下げ目立つ

業種別では金融株の下げが目立った。証券・商品先物取引指数が値 下がり率首位となり、その他金融や銀行、保険もいずれも5位以内に入 った。2月に入ってから前日までの33指数の上昇率では、保険が1位、 その他金融が2位、証券・商品先物取引が4位、銀行は8位だった。

銀行については、「2月中旬から3月中旬までは持ち合い解消売り が出やすい時期。株価が高いと売りは出ないが、動きが止まると売りが 出る」と、かざか証券の田部井美彦市場調査部長。武富士の潜在的な過 払い金が2兆4000億円に上ることが分かり、過払い金への警戒が高ま った消費者金融株も急落した。

一方、米大手格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービス は22日、日本政府の格付け見通しを安定的からネガティブに変更した と発表した。ただ、発表後に円が対ドルでやや安くなったこともあり、 株式市場への影響は限定的だった。東海東京調査センターの隅谷俊夫投 資調査部長は、「短期的には株価は景気循環に左右されるためインパク トはないが、長期的には日本の国民の将来負担の重さがリーマン・ショ ック後の欧米株との株価格差につながっている」と話していた。

東証1部の売買高は概算で25億1930万株、売買代金は同1兆 7382億円。値上がり銘柄数は171、値下がりは1429。

材料銘柄では、収益力の改善を待ちたいとし、クレディ・スイス証 券が投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」へ下げた東 京都民銀行、公募による自己株処分などで最大14億7600万円を調達す るユシロ化学工業がそれぞれ急落。デジタルカメラの在庫処分に伴う費 用増や医療部門での研究開発費の増加を織り込み、ゴールドマン・サッ クス証券が業績予想を減額したオリンパスは4日続落。

半面、成形機の収益改善で12年3月期は大幅な増益が予想される とし、野村証券が目標株価を470円から670円に引き上げた東芝機械が 急伸。ファミマクレジットと経営統合で合意したポケットカード、豊田 自動織機と産業機械分野のモーター・インバーター事業で業務・資本提 携する東洋電機製造も上昇が大きかった。

新興市場は4日ぶり反落

新興市場は4日ぶり反落。ジャスダック指数の終値は前日比0.7% 安の55.12、東証マザーズ指数は2.2%安の501.19。個別の材料銘柄で は、パチンコやパチスロの新機種投入の見送りの影響などを受けて11 年3月期の業績予想を下方修正したタイヨーエレックが急落。半面、1 株を100株に株式分割すると発表したシーエスアイが急伸。売買代金上 位ではサイバーエージェント、シナジーマーケティングが下げ、フュー トレックは上げた。

--取材協力:久保山典枝 Editor:Shintaro Inkyo、Makiko Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 長谷川敏郎 Toshiro Hasegawa +81-3-3201-8361 thasegawa6@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Nick Gentle +852-2977-6545 ngentle2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE