BHP:米チェサピークのシェールガス資産取得へ-47.5億ドル

世界最大の鉱山会社、英・オ ーストラリア系BHPビリトンは、米チェサピーク・エナジーが 米アーカンソー州中央部ファイエットビルに持つシェールガス資 産の権益を現金47億5000万ドル(約3940億円)で取得すること で合意した。これによりBHPは米国でのシェールガス事業に参 入する。

オーストラリア最大の石油・ガス企業でもあるBHPは、買 収を通じ10兆立法フィート余りのガス資源を新たに取得する。同 社石油部門のJ・マイケル・イエーガー最高経営責任者(CEO) がチェサピークの発表資料の中で明らかにした。

プラティパス・アセット・マネジメントで鉱業関連株を含む 約18億米ドルの運用に携わるプラサド・パトカル氏(シドニー在 勤)は、「米国のガス価格が長期的に上昇することを見込んだ取引 だ」と指摘した。

BHPのマリウス・クロッパースCEOは今回の資産買収で、 同社のエネルギー埋蔵量を45%拡大する。ブルームバーグ・デー タによると、今年これまでの世界の石油・ガス関連のM&Aは133 件、総額363億ドル規模となっている。2010年は2853億ドル規模 と、07年に次いで過去2番目の大きさとなっていた。

シドニー市場のASX200指数が前日比ほぼ横ばいで推移す る中、BHP株は一時、前日比3.3%高の47.36豪ドルと昨年11 月5日以来の大幅高となった。同社は22日、100億米ドル相当の 自社株買い戻し計画に沿い、50億豪ドル(約4200億円)相当を市 場外取引で買い戻したことも発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE