中国共産党:国家発展は体制の「優位性」を明示-中央政治局会議

中国が過去5年間に国内外で上げ た成果は、同国独自の社会主義体制の「優位性」をはっきりと示すも のだ。国営の新華社通信が、中国共産党総書記である胡錦濤国家主席 が主宰した21日の共産党中央政治局会議を引用して伝えた。

新華社によれば、会議は2006-10年の5カ年計画について、中国 国民の生活は明らかに向上し、政府の改革・開放政策は著しく進展、 国家の国際的な地位や影響力も非常に高まったと評価した。今年から 始まる次期5カ年計画の原案についても討議したという。

新華社によると、会議はまた、中国の発展はなお「極めて複雑な 状況」に直面していると分析。その上で、政府は柔軟性と効果を高め ながら安定した経済政策を維持するとともに、大きな景気変動を防ぐ ため安定かつ迅速な経済発展とインフレ期待の管理とのバランスを取 ることを決定した。さらに政府は、物価の「基本的な安定」維持を目 指す方針を確認したと伝えている。

--Nerys Avery in Beijing. With assistance from Bonnie Cao in Shanghai. Editors: Nerys Avery, Lena Lee

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Nerys Avery in Beijing at +86-10-6649-7558 or navery2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Panckhurst in Hong Kong at +852-2977-6603 or ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE