【個別銘柄】消費者金融、都民銀、中東、ポケトカド、パルコ(訂正)

22日の日本株市場で株価変動材料 の出た銘柄の午前終値は以下の通り。

消費者金融株:プロミス(8574)が前日比9.1%安の798円、ア コム (8572)が11%安の1515円など。武富士の管財人が東京地裁に 提出した調査報告書をブルームバーグ・ニュースが入手したところ、 昨年9月末時点で1兆-2兆円と見積もっていた潜在的な過払い金が 2兆4000億円に上ることが分かった。過払いリスクがあらためて警戒 され、クレディセゾン(8253)などもその他金融業種全般が売られた。

東京都民銀行(8339):5.4%安の1149円。クレディ・スイス証券 は21日、投資判断を従来の「アウトパフォーム」から「中立」に引き 下げた。

中東・北アフリカ情勢関連銘柄:AOCホールディングス(5017) が5.1%高の594円、JXホールディングス(5020)は0.7%高の589 円など石油関連の一角が上昇。リビア情勢悪化による原油供給不安か ら、21日のロンドン市場の北海ブレント原油先物は一時前日比6.2% 高の1バレル=108.70ドルと、2008年9月以来の高値を付けた。原油 高騰による在庫評価益の積み増しなどが見込まれた。一方、中東など でのプラント建設需要の先行きなどが懸念され、日揮(1963)は4.6% 安の1794円と連日安で、約1カ月半ぶり安値。

シャープ(6753):3.3%安の905円。中国・南京市で建設を申請 していた液晶パネル工場について、中国政府が2世代前の技術を使っ た当初計画を認めず、代わりに最新鋭技術を投入した計画への変更を 求めていることが明らかになった、と読売新聞(電子版)が21日に報 道。中国事業の先行き懸念などから売りが優勢となった。

ポケットカード(8519):19%高の431円。一時ストップ高(値幅 制限いっぱいの上昇)水準となる80円(22%)高の443円まで上昇。 同社とファミマクレジット、伊藤忠商事(8001)、ファミリーマート (8028)、三井住友銀行は21日、ポケトカドとファミマクレジットの 経営統合で合意したと前日発表。業容拡大が期待された。

東洋電機製造(6505):2.5%高の494円。豊田自動織機(6201) と産業機械分野のモーター・インバーター事業で業務・資本提携する と前日発表。6月をめどに共同出資で合弁会社を設立するほか、互い に株式を持ち合う。提携効果による収益拡大を見込む買いが先行した。 豊田織は1.8%安の2842円。

パルコ(8251):2.9%高の855円。イオン(8267)が同社株式を 約12.3%取得し、資本参加すると22日朝に発表。今後のシナジー効 果などを期待した買いが優勢となった。イオンは、パルコ株取得など に関してパルコ側と具体的な折衝、協議を行っていないという。イオ ンは1.1%安の1076円。

ジーンズメイト(7448):4.6%高の318円。一時11%高の338円 と1月26日(353円)以来、約1カ月ぶりの高値を更新した。2月度 の既存店売上高は前年同月比11%減となったが、客単価は同4.1%増 と今期初めてプラスに転換、業績底打ちを見込む買いが優勢となった。

ユシロ化学工業(5013):5%安の1339円。公募による自己株処 分などで、最大14億7600万円を調達すると前日発表。当面の需給悪 化懸念などから売りが優勢となった。

協和発酵キリン(4151):1.4%安の846円。英製薬会社のプロス トラカンを約394億円で買収するとの計画を21日に発表。プロストラ カンは累積損失を抱えており、両社の相乗効果発揮には時間がかかる とみられた。

フジ住宅(8860):4%安の427円。公募による自己株処分などで、 最大14億2000万円調達すると前日発表。当面の需給悪化につながる とみられた。

名鉄運輸(9077):2.9%高の179円。一時4.6%高の182円と08 年1月以来の高値を更新した。11年3月期の利益予想を前日に上方修 正、業務効率化やコスト圧縮、事業再編などの効果が表れ、連結営業 利益は従来比11%増の31億円を見込む。採算性の改善などを評価し た買いが優勢となった。

タイヨーエレック(6429):6.3%安の581円。パチンコやパチス ロの新機種投入の見送りの影響などを受け、11年3月期の業績予想を 下方修正、営業利益は従来比28%減の33億円と見込んだ。業績悪化 を懸念した売りが優勢となった。

シーエスアイ(4320):6.5%高の5万7600円。1株を100株に株 式分割すると前日発表。3月31日の最終株主に対し、4月1日に実施 する。同時に単元株式数を100株とする単元株制度も採用するため、 投資単位の実質的な変更はない。株式流動性の向上が見込まれた。

武蔵野銀行(8336):2.2%高の2804円。クレディ・スイス証券は 21日、投資判断「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を3500円 から3800円に引き上げた。

シンワオックス(2654):2倍の45円。親会社のPersons Bridge からの借入金全部、主要株主のベストライフからの借入金一部につい て債務免除を受けることで合意した、と21日に発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE