ドバイ株が半年ぶり安値、中東の混乱拡大で-モロッコ株も安い

【記者: Zahra Hankir】

2月21日(ブルームバーグ):21日の湾岸諸国株式相場は、アラブ 首長国連邦(UAE)ドバイ首長国を中心に下落。中東の混乱拡大を 背景に、同国の株価指数は約半年ぶりの安値を付けた。モロッコ株も 年初来安値まで下落。

UAEの銀行ドバイ・イスラミック銀行は1.8%安。世界一の超 高層ビルを建設したエマール不動産も約1年ぶりの安値に下げた。ド バイ金融市場総合指数の終値は1.3%安の1516.43と、昨年9月2日 以来の安値。モロッコのMADEX指数は3%安となった。

ナショナル・バンク・オブ・アブダビの金融アナリスト、ジアド・ ダッバス氏は「リスク増大に伴い、外国人投資家が中東から引き揚げ ている」とし、「中東が政治、安全保障の両面でこうした転換期にある ため、外国勢は政情がより安定している市場に目を向けている」と指 摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE