独連銀総裁:欧州安定化メカニズムによる国債購入に反対-FTに寄稿

ドイツ連邦銀行(中央銀行)のウェ ーバー総裁は、欧州安定化メカニズム(ESM)の業務の一環として、 流通市場で国債を購入すべきではないとの見解を明らかにした。ウェー バー総裁は英紙フィナンシャル・タイムズに寄稿し、「そのような購入 を実行すれば、規模とタイミング、条件をめぐって運用ガバナンスの重 大な問題に直面することになるだろう」と警告。流通市場での国債購入 は債務負担を軽減するのに効果的ではなく、国債相場を安定させる効果 的な手段であるかどうかも疑わしいと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE