シュタルクECB理事:翌日物金利の上昇は「一時的」なものだった

欧州中央銀行(ECB)のシュ タルク理事は21日、翌日物金利の大幅な上昇について、主にアイル ランドの特別な要因によるものとの認識を示した。

フランクフルトで開かれたイベントで記者団に語ったもので、「主 にアイルランドの動向が要因となった極めて一時的なものだった」と 指摘し、詳細については言及しなかった。翌日物金利の上昇を市場の 緊張再燃の兆候と考えるかとの質問に対しては、「そう思わない」と 答えた。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net     Editor:Akiko Kobari 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Simone Meier at +41-44-224-4134 or smeier@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE