シュタルクECB理事:金融政策決定で資産価格を考慮する必要ある

欧州中央銀行(ECB)のシュ タルク理事は、金融政策を決める際には資産価格を考慮に入れる必 要があるとの見解を明らかにした。

シュタルク理事は21日、フランクフルトでのイベントで、「E CBに課せられた責務は中期的な物価安定の確保だ」と述べた上で、 「私はまた、相応の理由から資産価格にも言及してきた。われわれ は資産価格の動向を考慮に入れる必要がある」と指摘した。

同理事はさらに、「責務の拡大を提唱しているわけでは全くな い」と述べ、「われわれの責務は明らかに消費者物価インフレの面 での物価安定だ」と強調した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo +81-3-3201-7499 kshugo@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事についての記者への問い合わせ先: Simone Meier in Frankfurt at +41-44-224-4134 or smeier@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Fergal O’Brien at +44-20-7330-7152 or fobrien@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE