インド株(終了):センセックス30種上昇-ウィプロとONGC高い

インド株式相場は上昇。指標の センセックス30種株価指数は昨年12月以降で最大の上げとなった 前週の流れを引き継いだ。クレディ・スイス・グループによるウィプ ロの投資判断引き上げが好感されたほか、原油高で石油銘柄が買われ た。

ソフトウエアサービスでインド3位のウィプロは昨年11月22 日以降で最大の値上がり。クレディ・スイスは同銘柄の投資判断を 「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に上方修正した。インド の国営エネルギー探査会社、石油天然ガス公社(ONGC)は3週間 ぶりの大幅高。中東からの供給が滞るとの懸念を背景に、原油相場が 上昇したことが買いを誘った。

パティル大統領が来週の予算案発表を控え、インフレ抑制と成長 維持が優先事項だとの考えを示したことも、相場への押し上げ要因と なった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前週末比226.79ポ イント(1.3%)高の18438.31で終了。前週は2.7%高と、12月 3日終了週以降で最大の上げを記録した。ウィプロ(WPRO IN)はこ の日4.2%高の451.05ルピー。ONGC(ONGC IN)は2.9%上 げ276.05ルピーで引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE