キャメロン英首相:エジプトを電撃訪問-軍に民政移行を呼び掛け

キャメロン英首相は21日、予告 なしでエジプトを訪問、カイロに到着した。実権を掌握しているエジ プト軍に対し民政への移行を完了させるよう呼び掛ける。西側首脳に よるエジプト訪問は、ムバラク前大統領の辞任後でこれが初めて。

キャメロン首相は今回の電撃訪問を利用して、中東の各国政府が 政治・経済的自由を求める国民の声に耳を傾ける必要があると強調す る意向だ。先月のチュニジア政変を発端とした反政府運動は北アフリ カからペルシャ湾まで広がっている。

キャメロン首相はカイロに向かう機上で記者団に対し、「エジプ ト訪問は、国政を担う勢力に軍政から民政への真の移行を確実にする ことを呼び掛ける絶好の機会だ」と述べ、「これはイスラム革命では ない。英国では当然とされる基本的自由を、人々が同様に求めている のだ」と続けた。

エジプトの隣国であるリビアでは治安部隊が反政府デモを武力で 弾圧するなど、中東情勢をめぐる懸念が高まっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE