ECBオルファニデス氏:インフレ率2%超え、想定以上に長期化も

欧州中央銀行(ECB)の政策委 員会メンバー、キプロス中銀のオルファニデス総裁は、インフレ率は ECBが想定していたよりも長期にわたり2%を超える水準にとどま る可能性があることから、適切な措置を講じる準備をする必要がある との見解を示した。

オルファニデス総裁は、「食料とエネルギーの過去数カ月間の急激 な値上がりは驚きだ。一段の価格上昇のため2%を超えるインフレ率 水準が以前予想していたよりも若干長く続く可能性を排除することは できない」と述べた。

同総裁は、「インフレ加速が一時的なものであれば、中期的な物価 安定を脅かすものではなく、警戒する理由とはならない。だが気を緩 める余地はなく、物価安定を守るために適切に行動する準備の必要が ある」と指摘した。ダウ・ジョーンズ(DJ)通信とのインタビュー で発言した。

キプロス中銀が21日公表したインタビュー内容によれば、オルフ ァニデス総裁は、ECBの専門家が発表するインフレ見通しについて 「2011年分だけでなく12年分」も検証することが有益だとも語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Matthew Brockett at +49-69-92041-224 or mbrockett1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE