NY原油先物時間外:4月限、4日続伸-リビアでの対立激化を懸念

ニューヨーク商業取引所(NY MEX)の原油先物4月限は21日の時間外取引で、4営業日続伸と なっている。政情不安が中東や北アフリカで拡大する中、リビア国 内での対立激化で石油供給が中断するとの懸念が強まった。

原油先物4月限は一時、1.99ドル(2.2%)高の1バレル=

91.70ドルを付けた。シンガポール時間午後2時55分(日本時間同 3時55分)現在、91.51ドルで推移している。前週末の通常取引は 87セント高の89.71ドルで引けた。22日に納会を迎える3月限は

1.17ドル高の87.37ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE