中国の短期金利、04年以来の大幅上昇-預金準備率引き上げで

21日の中国短期金融市場では、指 標となる7日物レポ金利が少なくとも2004年以来の大幅上昇となっ た。中国人民銀行(中央銀行)が市中銀行の預金準備率引き上げを発 表したことを受けた。

人民銀の18日の発表によると、預金準備率は24日から0.5ポイ ント引き上げられる。中国2位の石油会社、中国石油化工(SINO PEC)による転換社債230億元(約2900億円)発行と、中国財政 省による30年債280億元の入札を23日に控えていることも、資金 需要を拡大させている。

第一創業証券の債券アナリスト、チェン・チェンユアン氏は「今 週は資金需要が大幅に拡大する。銀行が預金準備金向けの現金確保を 進めることに加え、投資信託がSINOPECの転換社債発行に備え ていることが背景にある」と説明。短期金利の上昇は「人民銀が望む ところだ。中銀は今年の貸し出しの伸びを制御する決意を固めている ためだ」と指摘した。

上海にある銀行間資金の取引センター、NIFCの午前11時 (日本時間正午)の発表によれば、銀行間の資金調達コストの目安と なる7日物レポ金利は328ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)上昇の6.09%と、ブルームバーグが集計を始めた04年以 降最大の伸びとなっている。

--Judy Chen. Editors: Ven Ram, Andrew Janes

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Judy Chen in Shanghai at +86-21-6104-3043 or xchen45@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE