中国人民銀の李稲葵委員:実質金利マイナス、慎重に解決する必要ある

中国人民銀行(中央銀行)貨幣政策 委員会の李稲葵委員は、実質金利がマイナスとなっている問題につい て、中国当局は複数の金融政策手段を用いて慎重に解決する必要がある との見解を示した。第一財経日報が21日報じた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE