ロンドン「超高級」住宅価格、今年は10%上昇か-国外の買い手急増

ロンドンの高級住宅価格が今年、 最大10%上昇するとの見通しを、英不動産仲介業者ナイト・フランク が示した。物件数が限られている「超高級」不動産をめぐり、国外の買 い手が競って購入しようとしているためだ。

ナイト・フランクが21日電子メールで送付したリポートによる と、大半がハイドパーク近辺に位置する1000万ポンド(約13億5000 万円)を超えるマンションと一戸建て住宅の価格は昨年、約8%上昇 した。

リポートは「今年に入って最初の数週間に、非常に重要な物件が多 く売却された。このことは、ロンドン市場の高級住宅購入に向けられる 潜在的な資産がかなり多いことを示唆している」と指摘。昨年は仲介業 者を通して50カ国の買い手が住宅を購入し、2008年時点の約30カ国 から増加した。

ナイト・フランクによると、ロンドンの超高級住宅は、自国の金融 システムや政治的不安定から富を保護することを目指す国際的な投資家 を引き付けている。同社のブローカーらは、ロシアや旧ソ連諸国の買い 手の割合が昨年の14%から拡大すると予想。中国やインドの買い手の 割合も増加する可能性が高いほか、中東の政情不安によりこの地域から の需要も伸びるとみている。

リポートは「アジアでのインフレ加速を背景に、ポートフォリオに 固定資産を加えたいという願望が需要の主なけん引役になっていること が分かる」と分析している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE