IMF専務理事が銀行賞与を批判、危機前水準の回復で-パリジャン紙

国際通貨基金(IMF)のストロ スカーン専務理事は、金融業界のボーナス(賞与)が危機前の水準に 戻ったのは「スキャンダラス」なことだとの認識を示した。フランス 紙パリジャンとのインタビューで語った。

同紙によると、専務理事は「私がスキャンダラスだと思うのは、 金融機関で現在、危機前の行動が復活していることだ」と言明。「政治 家は『二度と許さない』と言っていたはずだが、ボーナスは以前と変 わらない水準になった」と指摘した。

--*参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Mark Deen in London at +33-1-5365-5066 or markdeen@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Helene Fouquet at +33-1-5365-5038 or hfouquet1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE