世界の砂糖市場:来年は供給過剰の可能性、作付け増で-キングズマン

サトウキビの主産地が「通常の気 象条件」に戻れば、世界の砂糖生産が4年ぶりに需要を上回る可能性が あるとの見方を、スイスの商品調査会社キングズマンのマネジングディ レクター、ジョナサン・キングズマン氏が示した。

キングズマン氏は20日、ドバイで開かれた会議で、4月1日から 1年間の砂糖市場は561万トンの供給過剰になる可能性があるとの見方 を示した。今シーズンは10万2000トンの不足だった。中国やブラジ ル、ロシア、タイの作付けが増えることを理由として挙げた。

余剰生産分が出れば世界の食料価格高騰の抑制につながる可能性が ある。国連によると、世界の食料価格指数は1月に過去最高水準に達し た。オーストラリアでの暴風雨やロシアでの干ばつの影響で収穫高が減 少したことを受け、世界の供給が需要に追い付かないとの見方が広がり ニューヨークの粗糖相場は2日、1ポンド当たり36.08セントと、 1980年以来の高値に達した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE