新日鉄:ウジミナスの経営権維持へ-CSNの株買い増しの動きかわす

新日本製鉄は、ブラジル鉄鋼メーカ ー2位のウジミナスの経営権を維持する。ウジミナスをめぐっては、同 国の競合他社であるコンパニア・シデルルジカ・ナシオナル(CSN) が新日鉄などから経営権を奪うとの観測が出ていた。

ウジミナスが18日に当局へ提出した届出書によれば、新日鉄とボト ランティム・パルティシパコエス、カマルゴ・コレアの3社は、2031年 まで経営権について合意し、更新する。31年以降は5年ごとに更新が可 能という。3社合計の持ち株比率は53.7%。

ウジミナスと競合するCSNは1月27日、出資比率を経営陣の入れ 替えや事業再編が可能になる水準まで引き上げることを目指す可能性が あると表明した。先月の時点でCSNの議決権付株式保有比率は5.03% だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE