米財務長官:ファニーメイとフレディマックは倫理観欠如の最大の源

ガイトナー米財務長官は、政府支援 機関(GSE)のファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック (連邦住宅貸付抵当公社)を「モラルハザード(倫理観の欠如)」の最 大の源と表現し、投資家が救済を当て込み誤ったリスクを冒すように促 したと指摘した。

米議会の金融危機調査委員会(FCIC)が17日に公表した2009年 11月の録音資料によると、ガイトナー長官はまた、FCICによるイン タビューで、米保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ( AIG)の救済に当初反対したが、救済を行わなければ世界規模の「大 惨事」を招くと考え、賛成に回ったと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE