NY金(18日):1カ月ぶり高値、中東緊張で逃避需要-銀も急伸

ニューヨーク金先物相場は続伸。 1カ月ぶりの高値をつけた。中東の政情不安が高まり、逃避先として の需要が高まった。銀も急伸し、30年ぶり高値を付けた。

エジプト当局は、イランが申請していた艦艇2隻のスエズ運河航 行を許可した。艦艇はスエズ運河を経由し、シリアに向かう。イスラ エル政府はこの動きについて、「挑発的行為」と非難している。バー レーンの治安当局は前日に続いて反政府デモを武力で強制排除した。 民主化を求めるデモはリビアやイランにも広がっており、イエメンの 首都サヌアでも発砲の騒動になった。

クオンティテーティブ・コモディティー・リサーチのオーナー、 ピーター・ファーティグ氏は、「暴力の事態になると、安全な逃避先 として貴金属に買いが入る」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 4月限は前日比3.50ドル(0.3%)高の1オンス=1388.60ドル。 一時は1392.60ドルと、1月13日以来の高値をつけた。週間では 2%高。

銀3月限は72.6セント(2.3%)高の1オンス=32.296ドル。 一時は1980年3月以来の高値となる32.87ドルまで買い進まれた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE