インド株(終了):6日ぶり下落、買われ過ぎ感で-週ベースはプラス

インド株式相場は6営業日ぶりに 下落。利益見通しに比べ、最近の相場上昇が行き過ぎとの見方が広が った。週間ベースではプラスとなった。

ダムや道路、橋などの建設を手掛けるジャイプラカシュ・アソシ エーツは6日ぶりに反落。前日までの5営業日で19%上げていた。イ ンド2位の携帯電話サービス会社、リライアンス・コミュニケーショ ンズは上場来安値を付けた。

クレディ・スイス・グループは18日のリポートで、景気減速に伴 い、指標のセンセックス30種株価指数が1万6000まで下落する可能 性があるとの見方を示した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比295.30ポイ ント(1.6%)安の18221.52で終了。前週末比では2.7%上げ、週 間ベースで1カ月ぶりのプラスとなった。前日までの過去5日間の上 昇率は6%だった。

ジャイプラカシュ(JPA IN)は5.7%安の85.15ルピー。リラ イアンス(RCOM IN)は6.8%下げ93.15ルピーと、株式を上場し た2006年3月以来の安値で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE