マレーシア:昨年10-12月は4四半期ぶり低成長-輸出の鈍化響く

マレーシアの2010年10-12月(第 4四半期)の経済成長率は、ここ4四半期で最も低い伸びとなった。 回復しつつあった輸出の鈍化が背景。

同国政府が18日発表した第4四半期の国内総生産(GDP)は前 年同期比4.8%増。7-9月(第3四半期)の同5.3%増から減速した。 ただ、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト14人の予想 中央値(4.6%増)は上回った。昨年の年間成長率は7.2%と2000年 以降で最大の伸び。

第4四半期は製造業が前年同期比6.2%増。財・サービスの輸出 は同1.5%増加した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE