英アングロ・アメリカン:10年はほぼ倍増益-金属価格上昇が寄与

英鉱山会社アングロ・アメリカン の2010年の利益はほぼ倍増した。商品相場が08年の低迷から回復し たことが寄与した。

同社の18日の発表文によれば、実質利益は1株当たり4.13ドル。 09年は同2.14ドルだった。ブルームバーグ・ニュースが集計したア ナリスト22人の予想中央値(同4ドル)も上回った。同社はまた、1 株当たり40セントの配当を実施すると発表した。

アングロ・アメリカンはプラチナ生産のアングロ・プラチナに 79%、ダイヤモンドを生産するデビアスに45%それぞれ出資。商品相 場が上昇する中、両社は先週、遊休設備の稼働を再開したと発表した。 デビアスはまた、南アフリカ共和国での事業拡大に向け100億ランド (約1160億円)規模の投資計画を明らかにしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE