中国株(終了):上海総合指数が7日ぶり下落-安徽江淮汽車が安い

中国株式市場では上海総合指数 が7営業日ぶりに下落。前日に付けた2カ月ぶりの高値から値下がり した。中国の昨年12月の景気先行指数が2008年以降で初めて低下し たのを受けて、金融引き締めが同国の成長を鈍化させるとの懸念が広 がった。

自動車メーカーの安徽江淮汽車(600418 CH)は4週間ぶりの大 幅安。中国の1月の乗用車販売の伸びが鈍化したことがマイナス材料。 海上貨物コンテナ輸送で中国2位の中海集装箱運輸(601866CH)は終 値で1年1カ月ぶりの高値を付けた前日から値下がり。原油高が嫌気 された。

不動産株も北京首都開発(600376 CH)を中心に下落。中国の1 月の新築住宅価格が主要70都市のうち68都市で前年比上昇し、不動 産の購入で当局が追加措置を講じるとの懸念が高まった。中国最大の 石油生産会社、ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)やアジア最 大の石油精製会社、中国石油化工(SINOPEC、600028 CH)も 売られた。

上海坤陽投資管理のファンドマネジャー、戴明氏は「中国経済は 政府の引き締め措置の影響を受ける公算がある。引き締め措置が終わ るめどはまだ立っていない」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比27.17ポイント(0.9%)安の2899.79で終 了。週間では2.6%上げ、昨年11月5日終了週以降で最大の上昇率 になった。上海、深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は同

1.1%安の3211.88。

--Zhang Shidong. Editors: Richard Frost, Allen Wan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-3040 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE