豪ドル:対米ドルで週間ベースの上昇へ-FRB議長発言めぐる観測で

18日の外国為替市場でオースト ラリア・ドルは米ドルに対し小幅下落。米連邦準備制度理事会(FR B)のバーナンキ議長がこの日、米景気回復のペースは遅すぎて、 金融政策の引き締めは必要でないとあらためて表明するとの観測が 広がり、このまま行けば週間ベースでの上げとなる。

米株式市場でS&P500種株価指数が2年8カ月ぶり高値とな った流れを受けてアジア株が上昇する中、豪ドルは対円では9カ月 ぶり高値圏で推移。

豪ドルはシドニー時間午後1時31分(日本時間午前11時31 分)現在、1豪ドル=1.0111米ドルと、今週に入って対米ドルで

0.9%上昇。前日のニューヨーク市場は1.0119米ドルだった。対円 では1豪ドル=84円29銭。前日は84円30銭で、一時は84円41 銭と、昨年5月13日以来の高値に上昇していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE