米当局がアップルを調査、iPad利用の購読サービスめぐり-WSJ

米アップルがメディア企業に課し ている、多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」などでの購読サー ビスに関する条件が、米反トラスト法(独占禁止法)当局者らの関心を 引いている。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が事情に 詳しい複数の関係者の話を基に報じた。

同紙によれば、米司法省と連邦取引委員会(FTC)がこの問題 を調査している。匿名の報道官によれば、欧州連合(EU)の行政執行 機関である欧州委員会も事態を「注意深く見守っている」という。

米当局は、アップルがメディア各社に対し、顧客の支払いに自社 の音楽・ソフトウエア配信サイト「iTunes(アイチューンズ)」 の利用を義務付けていることが、反トラスト法に抵触するかどうかを調 べている。

アップルは報道に関するコメントを控えたと、同紙は伝えている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Theo Mullen at +1-212-617-5404 or tmullen11@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE