カナダ・ドル:対米ドルで一時、08年3月以来の高値-原油高で

17日の外国為替市場でカナダ・ ドルは対米ドルで、一時2008年3月以来の高値を付けた。原油相場 は、中東情勢の緊迫で輸送に支障が生じるとの懸念が広がり、約2年 ぶり高水準で推移した。

先週の米新規失業保険申請件数が前週比で市場予想を上回る増加 となり、北米地域の景気回復見通しが後退する中、カナダ・ドルはこ の日の上昇分をほぼ失った。

カナダ・ドルはトロント時間午後5時(日本時間18日午前7時) 現在、1米ドル=0.9843カナダ・ドル(1カナダ・ドル=1.016米ド ル)。一時0.9816カナダ・ドルと、08年3月13日以来の高値を付 けた。前日は0.9849カナダ・ドル。

カナダ国債相場は上昇。10年物国債(表面利率3.5%、2020年 6月償還)利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 低下して3.48%。前日は3.53%と、昨年5月13日以来の高水準に 上昇していた。価格は14セント高の100.15カナダ・ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE