バーナンキ議長:コミュニティ銀行への規制は「最小限」にすべきだ

米連邦準備制度理事会(FRB) のバーナンキ議長は、FRBは新たな金融規制が地域のコミュニティ銀 行にとって負担とならないよう図っていると述べた。

議長は17日、上院銀行委員会の公聴会で、コミュニティ銀行は 「米国の金融システム上、非常に重要な役割を果たしている」とした上 で、「規制によるこれら金融機関への過度の負担を最小限にとどめるこ とが非常に重要だ」と述べた。

議長は、昨年7月にオバマ大統領が署名して成立した米金融規制 改革法(ドッド・フランク法)の規制の大半は、主により規模の大きな 金融機関に影響するものだと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE