豪ANZ銀10-12月:27%増益-住宅融資の伸びが寄与(1)

豪オーストラリア・ニュージーラ ンド銀行(ANZ)の2010年10-12月(第1四半期)決算は、前 年同期比27%増益となった。不良債権の減少と平均を上回る住宅融資 の伸びが寄与した。

同行の18日の発表によると、一部項目を除いた税引き後利益(監 査前)は約14億豪ドル(約1180億円)。貸倒引当金は2億9400万 豪ドルと、前年同期から48%減少した。

JPモルガン・チェースのアナリスト、スコット・マニング氏(シ ドニー在勤)は3日付のリポートで、住宅融資は「依然としてシステ ムを大きく上回っているが、ここ数カ月は伸びが鈍化し始めている」 と指摘。企業向け融資については、「引き続きかなり変動しやすい」と 分析した。

ANZによれば、第1四半期の家計向け融資は2.5%増加したも のの、企業向け融資は「横ばい」にとどまった。住宅融資の伸びは市 場全体の1.5倍に達した。中核的自己資本(Tier1)比率は10.3% だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE