ホーニグ総裁:景気は自律回復-「物価は時間をかけて大幅上昇も」

米カンザスシティー連銀のホー ニグ総裁は、米国の景気が持続的な回復過程にあり、インフレは「初 めはゆっくりと、そして最終的に大きく加速する恐れがある」と警 告した。

総裁は17日、FOXビジネス・ネットワークのインタビューに 応じた。インタビュー原稿によると、「景気は現在、自律的な回復局 面にあり、持続的なものだと私は考えている」と指摘。その上で、「イ ンフレがゆっくりと加速している兆候が見られる。ペースは緩やか だが、加速はしている」と述べた。

この日発表された1月の消費者物価指数(CPI季節調整済み) は前月比0.4%上昇。食品価格はここ2年余りで最も高い伸びとな った。

ホーニグ総裁は「1カ月のデータは1カ月のデータでしかない」 とし、「これでは、インフレが問題になっているとはいえない」と説 明。さらに、「インフレで重要なのは、常に非常に小幅な物価上昇が 重なって起こるということだ」とし、「今見られている上昇もそうか もしれないが、ゆっくりと始まり、時間をかけて大きな上昇となる」 と述べた。

ホーニグ総裁は今年、米連邦公開市場委員会(FOMC)での 投票権はない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE