ソニー:米国で音楽配信サービス開始-アップルiTunesを追撃

ソニーと世界の大手レコード会社 3社は、米国とオーストラリア、ニュージーランド(NZ)で音楽の ストリーミング配信を開始した。同サービスで優位に立つ米アップル の音楽・ソフトウエア配信サイト「iTunes(アイチューンズ)」 に攻勢を掛ける。

ソニーは昨年9月に発表した音楽配信サービス「Music Un limited powered by Qriocity(”キュ リオシティ”ミュージックアンリミテッド)」を12月に英国とアイル ランドでスタート。今年1月にはフランス、ドイツ、イタリア、スペ インでも開始した。

このサービスは、ソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション 3」のほか、ブルーレイディスクプレーヤー、液晶テレビの「ブラビ ア」、パソコン(PC)で利用できる。さらに、米グーグルの携帯端末 向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載の多機能携帯電話(スマ ートフォン)にも提供される。

ソニー・ネットワークエンタテインメント・グループのエグゼク ティブ・バイスプレジデント、ショーン・レーデン氏は16日のインタ ビューで、ソニーは同サービスを年内に少なくともさらに9カ国で導 入することを目指していると述べた。会員基本料は月3.99ドル(約 330円)。

ソニー・ミュージックエンタテインメントとパートナーのユニバ ーサル・ミュージック・グループ、EMIミュージック、ワーナー・ ミュージック・グループは、ミュージックアンリミテッドを通じて600 万を超す楽曲を消費者に直接販売することができる。海賊版との争い やCD販売の減少に直面する中、収入の管理を強化できるようになる。

米市場調査会社NPDグループによれば、2001年にサービスを開 始したiTunesは、小売り最大手の米ウォルマート・ストアーズ やインターネット通販最大手の米アマゾン・ドット・コムをしのぐ米 国で最大の音楽購入先となっている。昨年9月現在、iTunesで ダウンロードされた楽曲は累計117億曲。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE