中国:内政干渉の口実としてのインターネット利用自由化に反対

中国は内政干渉の口実としてのイン ターネット利用の自由化に反対する考えを示した。中国外務省の馬朝旭 報道局長が17日の定例会見で明らかにした。同局長は、クリントン米国 務長官が15日に行ったインターネット利用の自由についての講演に関す る質問に答えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 角田正美 Masami Kakuta +81-3-3201-3157 mkakuta@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE